サラバほうれい腺!【若返り実行計画で理想フェイス】

顔の手入れ

深いシワを消す整形術

顔の手入れ

年齢を重ねても美しくあり続けたいのが女性の本音であり、50代世代もプチ整形を行っています。特にほうれい線に対するコンプレックスを抱える女性は多く、プチ整形でリフトアップさせる術式が展開されています。皮下脂肪やコラーゲンの減少をはじめ、加齢による皮膚のたるみがほうれい線の深いシワに結びつく原因となるため、通常はハリを補うための脂肪や繊維補充が行われたり、皮膚のたるみをリフトアップさせて目立たない仕上がりを作り出すなどのプチ整形が展開されています。しかしながら、最近の治療にも患者目線での携わり方が提案されつつあり、コンプレックスを取り除くだけではなく、若返りを目的とするなどの治療法にバリエーションを与えることに努めています。例えば、これまで提供されてきた内容には大きなシワやたるみに効率的に働く、ミニリフトやフェイスリフトが挙げられていました。しかし、切らないリフトや切るリフト以外にも、注入術や塗る治療、ドクターズコスメや内服薬など、様々に治療内容をラインナップさせる方針です。この結果、男性も躊躇することなく利用することが可能となる利点も挙げられています。ほうれい線は表情豊かであることで現れるシワでもあり、女性だけのコンプレックスではなく、年齢を重ねた男性も同様に悩むシワとなっており、バリエーションがあることで羞恥心なく治療に励むことができます。

表情シワとは、笑った時などにできる縦や横に現れるシワであり、目尻や眉間だけではなく、ほうれい線も表情1つで刻まれてしまいます。表情の癖によって、浅いシワが何度も作られ、ケアすることなく放置することで深くなり、無表情の際にもシワが取れない老化した表情を作り出してしまいます。ほうれい線は顔のパーツの中でも特に意識せずとも動かす部分であり、深いラインに結びついてしまい、最終的には傷のように消すには難しい状態に陥ります。また、原因の1つには女性の場合、肌のハリや弾力が低下してしまうことが挙げられており、頬全体からの皮下脂肪の重さに耐え切れずに深いラインを作り出してしまいます。有効成分を注入するプチ整形によって、ほうれい線を消すだけではなく、ハリや弾力性までも手に入れる結果に繋がるため、若返りまでが期待できます。また、たれる皮膚を引き上げる整形術を施すことにより、弛んだ皮膚で膨張していた肌もキュッと引き締まり、小顔効果までが期待できるなどのメリットが加齢に難色を示す女性に得られます。その他、クリニックでは原因を突き止めてからの施術となるため、その後、みたびシワを作らない予防法を得ることも可能です。例えば、ほうれい線が癖によるものであれば癖を直し、ハリ不足であればスキンケアを見直すことで予防ができます。